HOME>アーカイブ>これだけは知っておきたいこととそのメリットを考える

どれぐらいの費用がかかるか

パソコン

日本中の不動産会社は、ホームページを作っている傾向にあります。ホームページを作っていないところは、昔ながらの不動産会社位でしょう。特に最近できた会社は、ホームページなしでは利益を出す事は難しいといえます。もしホームページを作る場合には、どれぐらい費用がかかるか理解をしておきたいところです。基本的に無料で行えるところは少ないだけでなく、無料のところを利用したとしても信頼されません。やはりこの辺は、しっかりとお金をかけるべきでしょう。ホームページを作るだけならば、無料でできます。しかし、多くの人に見てもらうためにはドメインの取得とサーバーレンタルが必要になるところです。これらの料金は、あまりお金をかけないとすれば1年間で1万5千円位になるでしょう。

多くの人に知られる

不動産会社に限らず、会社がホームページを出す理由の1つは、宣伝にあります。ホームページに掲載されている商品やサービスなどが売れなかったとしても、宣伝するだけの意味があると言えるでしょう。お客さんのすべてが、今すぐ購入しようと考えているわけではありません。見込み客のうち、すぐに購入したいと考える人は1割から2割ぐらいしかいません。残りの8割から9割が、購入しようと考えているものの、今すぐする必要は無いと頭の中で考えている人たちです。その人たちに対して宣伝をして多くの人に知られることがホームページを作る目的の1つです。

信頼性を高める

不動産会社は、大きなお金が流れる以上は信頼されているところでなければなかなか利用してくれません。お客さんも、わざわざ高いお金を払って実態のよくわからない不動産会社に依頼しようと考えないはずです。この場合、不動産会社のホームページがあれば、直ちに信頼されるわけではありませんが、しっかりとした会社であることが理解できるはずです。ただ、注意しておきたいのはホームページを作っておしまいでは意味がありません。最後に書いた記事が1年以上前のものならば、逆にこの会社は大丈夫かと思われてしまいます。そのため、定期的に更新が必要になります。